カテゴリー
コラム

秋も終わりに近づいて寒くなると思い出すカニの味

秋も終わりに近づくとかにの味を思い出すことでしょう。

具だくさんのかに鍋にすれば、外は寒くても最高に幸せな味です。

そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを買うのに一足伸ばして、一番近い市場に行ってみるとより新鮮なかにに出会えるでしょう。

産地直送の通販で、おいしいかにを探すのもかなりおいしいかにに出会えます。

どうせ買うなら、より安いかにをと考えたことがあるという方は多いでしょう。

これができる方は限られますが、まず、一定以上の量を市場で直接買い、交渉すればかなりお得です。

かにを扱う市場に行ける方に限られますが、ずっと安く買えるのでおすすめです。

ぜひ、かに通販も調べてください。

直送になる分、家にいても安く買えます。

食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても、味については色々な方が色々な意見をお持ちのようです。

チェーンによる違い、地域による違いは当然あるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、評判の良いお店が多いです。

また、専門店でないお店で、かにの食べ放題を行うところもありますがかにの味は専門店に及ばないというのが常識です。

食べ放題でも気を抜いていない専門店がたくさんあるので行ってみて損はありません。

昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思いますが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりすることが増え、消費者センターなどに通報する人が出てきました。

多少の違いは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大きくなります。

かにが届いてしまってからあれこれ文句を並べ立てるよりも、失敗を軽減するにはかにに限らず何事にも言えることですが、そのお店に関する口コミなどを見た上でこれと思ったお店をピックアップします。

今度こそ、最高のかにが味わえるはずです。

SNSに登録している人なら、そちらの方から攻めてみるのも手です。

意外な人から意外な情報を手に入れることもあるでしょうし、そうでなくても、他のことで何かの役に立つかもしれません。

かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、通販のかにもありました。

これが、量もたくさん、大きくておいしそうだったのです。

ちょっと不安もありましたが、送料無料が決め手になり注文しました。

今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、どんな商品なのか、届くまでは気になっていました。

かにはテレビで見たとおりの品で、味も文句なし、ウマウマで、すばらしいお年賀でした。

今年も同じところから買おうと考えています。

おいしいタラバガニを選んでいますか?まずは、雄を選んでください。

雌は産卵に備え、栄養分を卵に送っています。

これぞタラバガニと言うべき脚のおいしさを考えるとオスおいしいことは明らかです。

そして、甲羅の中央に並ぶ突起の数を確認してください。

6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、突起が4つの場合、それはアブラガニというよく似ていますが異種のかにです。

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも多いのに気づいた方もいるでしょう。

殻をむき、中身を取り出したとして販売されています。

むき身のかにだといえます。

色々な料理に使いやすいというのもありがたいですし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、加工してあるのに比較的安いという点にも注目ですね。

最近何人もの人が、かに通販を利用してかにを買うのが主流と思うようになりました。

それも当然でしょう。

最近のネット通販の普及はものすごく、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。

通販で冷凍のかに、は昔の話です。

最近は生のかにもおいしく買えるようになったので生でも冷凍でも、かにを食べたいときには少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもどこの通販にしようか?と考えるようになりました。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

ここからは軍手着用です。

腹の三角形部分を外して、要所の関節に切れ目をつけます。

甲羅から半身を外していきます。

双方をしっかり押さえ、交互に半身を外すのです。

外したところで現れた黒いものをきれいに除き、かに味噌だけにしておきます。

脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。

このとき切れ目を入れる、殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。

コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。

少しでもかにに関係ありそうな映像や写真を見るとかにを注文したくなるのは困りものです。

かに屋さんにも色々あってかにの種類も専門店だけあって、季節ごとに多くの取り扱いがあります。

かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。

思わず頭を抱えてしまうこともあるかもしれませんね。

そもそも間違いのない選び出し方はと言うと何のことはない、キーワードは人気です。

お店も、種類も、共に人気を集めるものがさし当たってのいいものと信じることです。

基本はたったそれだけです。

かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。

売れ筋や人気などが一目で分かるランキングを見るのが近道です。

人まねは好きでない人向けには自力での修正がカギになります。

買い続けるうちに1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店が見つかることもあるかもしれません。

家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。